男の薄毛は治せます!

飛び込もうとしているおハゲ

「最近抜け毛が酷くなってきた」「ついに遺伝のハゲがきた」と、髪の毛の悩みを抱えている男性って意外とたくさんいるんです。
病院へ行きたいけど恥ずかしくて行けないなんて人も。
しかしそのまま放置しておくと、薄毛は進行していくだけなんです。

医療が進歩している現代では、薬で薄毛の治療ができるようになりました。
「もう手遅れなのでは」と諦めるのではなく、治療の一歩を踏み出しましょう!

男ならハゲるのは仕方がない?

薄毛といえば男性のイメージがありませんか?実は、薄毛の原因は男性ホルモンが関係しています。
ジヒドロテストステロンというホルモンが増えると、薄毛になるんです。
「まだ20代だからハゲないでしょう」と安心していたら、髪の毛が薄くなり始めたという人も。
薄毛や抜け毛に年齢は関係ありません。

20~30代にも薄毛リスクはある

若ハゲ、という言葉聞いたことある人もいるのではないでしょうか。20代から30代で、薄毛になってしまった人たちのことを指しています。
ではどのような症状が現れ始めたら、若ハゲが進行していくのでしょうか?

<初期症状>
・髪の毛のハリがなくなった
・抜け毛の量が増えた
・髪質が柔らかくなった

若ハゲの特徴は急に髪の毛がゴソッとなくなるのではなく、徐々に薄毛が進行していきます。
そのため自覚している人が少なく、「まだ大丈夫そうだな」と放置する人が多いんです。

男性ホルモンが原因?

男性ホルモンの中でも、薄毛を進行させているのはテストステロンという物質です。
身体の中で筋肉を発達させたり、体毛を増やしたり濃くしたりする働きがあります。そのため男性特有の身体を作るためには、欠かせないホルモンなんです。

しかしその一方で、頭皮には逆効果を発揮します。
頭は薄毛なのに体毛は濃い、という人いますよね?あの矛盾した姿こそが、テストステロンの働き。
「男性的な身体を作るぞ!」とテストステロンが体内で増殖し続けると、頭の脱毛と抜け毛の原因になるんです。

抜け毛を止める薬がある

「ホルモンが関係しているなら止めようがない」と諦めるのはまだ早いです。
医療の力が進歩してから、日本初の薄毛治療薬が開発・製造されています。
脱毛の原因を抑える力を持っているプロペシアと、発毛を促すミノキシジルを服用して薄毛を解決しましょう!

プロペシアで守って、ミノキシジルで攻める

プロペシアとは、フィナステリドという成分が配合されている薬です。世界で初めての薄毛治療薬。
脱毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)が増え続けるのを抑える効果があり、抜け毛や薄毛を予防できます。

ミノキシジルは、血管を広げる作用を持っている薬です。
高血圧の治療に使われていましたが、治療を受けた患者に発毛効果が出始めたのをきっかけに今では発毛剤として使われています。
ヘアサイクルを正常にする作用があり、髪の毛の数が少ない状態から毛量を増やす効果があります。

プロペシアで抜け毛や薄毛を抑えて、ミノキシジルで髪の毛を増やしましょう!

薄毛治療薬は病院や通販で買えます

「薬物治療に挑んでみるか」とプロペシアとミノキシジルを買おうとしている方は、病院か通販で購入可能です。

クリニックでは、自由診療で受診が可能です。
初診だと無料~10,000円程度で、再診だと15,000~30,000円。カウンセリング込みの値段なので少々高いのがネックです。
また一般皮膚科でも薄毛治療は、保険診療外です。

通販で購入したいという方は、海外から取り寄せる方法で薬を買いましょう。
日本の通販は医療薬品を販売してはいけない決まりになっているため、海外からしか買えないんです。
「病院に行くのは恥ずかしい」「仕事で忙しい」という人は、通販利用をオススメします。