最新・最強のAGA治療薬といえばコレ!

抜け毛の画像

ザガーロは最新のAGA治療薬で、日本では2016年から発売が開始されました。

発毛効果はプロペシアの1.6倍と言われており、注目を集めているお薬です。ザガーロは広範囲の薄毛に作用するので、進行したAGAの治療に役立ちます。

ここでは「プロペシアでは改善できなかった」「最新の薬で薄毛を治したい」という方のために、ザガーロの効果や服用期間ついて解説しています。

ザガーロの効果とは
AGA(男性脱毛症)の発症は、男性ホルモンと深く関係しています。人の体内で分泌される男性ホルモン・テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくと、脱毛を促すホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)に変化するのです。

5αリダクターゼは1型と2型があり、1型は側頭部や後頭部の皮脂腺に、2型は前頭部や頭頂部の毛乳頭に分布しています。

ザガーロは1型と2型の両方に作用し、抜け毛を防ぐのです。脱毛が抑制されると、抜けずに済んだ毛が太く育って髪のボリュームアップに繋がります。

効果を実感したければ最低3ヶ月は必要!
髪が伸びるスピードには個人差がありますが、1ヶ月に1cm程度しか成長しません。ザガーロには、髪の成長スピードを早めたり遅くしたりする作用ないのです。

そのため、効果を実感するには3~6か月程度の服用を継続するのが基本。服用を途中で止めてしまうと、治療の効果が得られず今までの時間や薬代が無駄になってしまう可能性も。「ザガーロを飲んだのになかなか抜け毛が減らない」という人でも、最低3ヶ月は服用を継続してください。

3ヶ月後、抜け毛の量が減らなかったり発毛作用を体感できなかったりした場合は治療を続けるかどうか一度考えてみると良いでしょう。

効果を得られるのには時間がかかるという点を忘れず、気長に治療を続けるのが大切です。