育毛サポートにこれ!ミノキシジルが必要なワケ

なんでかわからない人には

ミノキシジルは、血行促進や髪の毛を作る細胞を活性化させる働きを持っています。
発毛や育毛に効果を発揮するため、さまざまな商品に含まれている成分なんです。

もともと高血圧の治療に使用されていましたが、治療を受けた患者に発毛効果が現れたのをきっかけに現在では育毛剤に使われています。

アメリカをはじめ、世界中の薄毛に悩んでいる男性から愛されています。

ミノキシジルで新しい髪の毛をゲット!

ミノキシジルは、血流アップと髪の毛に関係する細胞(毛母細胞)を活性化させる効果があります。
薄毛は頭皮に栄養が渡っていなのも原因のひとつ。栄養を届けるためには、血液や細胞の働きがとても重要です。

血行促進パワー

発毛が休止状態に入ってしまった毛根に直結している血管が収縮すると、ハゲにつながります。
そこでミノキシジルの効果のひとつである血管拡張作用で血の巡りを良くします。
血流アップで頭皮の血行も良くなり、髪の毛に栄養が行き渡って新しい髪の毛を生成します。
髪の毛の本数が少ない状態から、髪の毛を量を増やし太くて長い毛に成長します。

血行促進を利用して、円形脱毛症を発症してしまった人に投薬されるケースもあるほどの効果を発揮します。

毛母細胞を活性化

毛母細胞とは、髪の毛を生やすために必要な細胞です。
細胞分裂を繰り返し、新しい髪の毛を生成する働きを持っています。しかしヘアサイクルによって、細胞がどんどん死滅していくのがネック。
「髪の毛が薄くなってきた」という症状も、毛母細胞の退行期(髪が生えない)が一因です。

ミノキシジルは毛母細胞の消失を抑える働きも担っていて、脱毛を予防します。

プロペシアとの効果の違い

抜け毛を抑えるプロペシアだけでは、髪の毛を元通りにはできません。
発毛から育毛までの効果があるミノキシジルで、新たな髪の毛を生成する環境を作りましょう。

●ミノキシジル=血行をよくして、髪の毛を生やす
●プロペシア=薄毛の原因となる、ジヒドロテストステロンを抑制し抜け毛を防ぐ

「両方の効果が欲しい!」という方は、プロペシアとミノキシジルを使用してみましょう。

タイプによって変わるミノキシジルの副作用

ミノキシジルには内服薬と外用薬があります。
内服薬は錠剤ですが、外用薬は頭皮に塗布するタイプの薬です。それぞれ副作用が違うので、使用前に確認しましょう。

ミノキシジルの副作用

ドラッグストアや薬局で販売しているリキッドタイプは、外用薬です。日本ではリアップが有名ですよね。
リアップのような塗布薬は、頭皮がヒリヒリしたりかぶれたりする副作用があります。

内服薬(飲むタイプ)は成分が血液に入って全身に巡るため勃起障害やふらつき、動悸などの副作用が起きやすくなります。

内服薬はさまざまな影響を与えますが、外用薬は外から刺激を与えるので重い副作用はありません。
しかしその分効き目もゆるやかで、「確かな結果が欲しい」と考えている方は、内服薬を検討しましょう。