AGA治療薬の海外通販に潜むリスク

スマホの画像

AGA(男性脱毛症)は、皮膚科やAGAクリニックで治療できます。

しかし薄毛に悩む男性の中には、「治療薬は欲しいけど通院は面倒くさい」「ハゲの相談をするのは恥ずかしい」と病院を受診するのに抵抗がある人がいるようです。

病院へ行かずに治療薬を入手したい人は、海外通販で治療薬を買っています。しかし海外通販のリスクについて知らずに利用してしまうと、思わぬ被害に遭ってしまうかもしれません。

ここでは、海外通販を利用する際の注意点について解説します。

海外通販利用のリスク3つ
海外通販でAGA治療薬を買うなら、以下のリスクについて学ぶ必要があります。

1.健康被害について
日本で販売されている治療薬は、国の基準に基づいて検査を行っているので安全性が高いのです。しかし、外国の治療薬は製造元となる国の基準によって製造し販売されています。

日本の基準に満たない治療薬を服用すると、日本人の体質に合わず人によっては体調を崩してしまう恐れがあるのです。

2.偽造薬のリスク
通販サイトの中には、詐欺サイトが紛れていて偽物の薬が出回っているケースがあります。商品ページに掲載されている写真は、本物そっくりに作られているの見わけがつきません。偽造薬の成分や製造方法は不明確なので、服用するのは危険です。

3.日本国内での救済措置の有無
「海外製の治療薬を飲んだら強い副作用が現れた」「偽造薬を購入してしまい体の調子が悪くなった…」このようなケースに対して、国からの救済措置はありません。

救済されない理由は、海外通販で治療薬を購入する行為が個人輸入にあたるから。個人輸入とは、個人の使用を目的として海外の製品を直接輸入することを意味します。厚労省によると、個人輸入は自己判断で行っているので体調を崩しても自己責任になります。

リスクを避ける方法
薄毛を改善するために買った治療薬で、不健康になってしまうのは避けたいですよね。副作用を軽減したり偽造品を買わないようにしたりするには、リスク対策をしっかり行いましょう。

<海外通販を利用する上での注意点>
・通販サイトについて調べる
実績のあるサイトや長年運営しているサイトであれば、多くの利用者もいるという点で安心できます。新しいサイトは、詐欺目的のために即席で作られた可能性があるので注意が必要です。

・治療薬について調べる
薬の成分や副作用について学べば、どのような作用があるか分かるはず。治療薬に含まれる有効成分によっては、副作用のリスクが高まります。初めて服用する薬は、低用量の服用から始めてください。